全国サービスクリエーター協会活動内容

1.講演会,研修会の開催(2月,7月)

厚生労働省、(社)民紹協から講師を招き、年2回開催。 毎年、新しいタイムリーなテーマや経営に役立つテーマを取り上げるため、大変好評で大勢の会員が参加しています。

2.運営委員会、理事会(各月2回)、地方ブロック会議と報告

厚生労働省の指導や(社)民紹協からの情報や各会員から上ってくる要望事項や問題点を議論し、行政当局や顧客に対しアクションをとる等調整を図る。会議内容は偶数月,報告書として全会員に配布している。業界の動きが良くわかります。

3.会員サービス

  1. 無料事業相談(コールセンター)
    03-3450-1808

    経験豊富な理事、又は当協会顧問が懇切丁寧に対応いたします。業務運営上の問題など、どんなことでもお気軽にご相談ください。
  2. 配ぜんサービス教育研修資料、DVD(有料)AJCC監修
    殆どの会員が新人の教育研修に採用しております
  3. 配ぜん人手帳(年1回発行・8月締切り)
  4. AJCCホームページ 会員ホームページとのリンクで人材確保を!
  5. AJCC統一書類の配布
    「賃金改訂の要望書」「年末年始割増賃金の要望書」「業務運営にかかわる改善の要望書」など、これさえあれば!
  6. 表彰、叙勲(AJCC推薦)
  7. 会員間の交流(総会、懇親会の開催)
    業界,会員間での人脈形成が大切ですね。「競合相手と思っていたが知り合いになってからは相談相手になりました」と某社社長。

4.共済会の運営

会員のための所得補償共済。

ケガや病気で8日以上仕事ができなくなったとき、1日目から補償が受けられる有利な条件。「入っていてよかった」と補償を受けた会員さん!  「求職者の身になって考える紹介所」である事を求職者の方々に体感して貰えるでしょう。

加入者体験談Aさん

仕事場でビールケースに躓いて転び、骨折をしてしまいました。 突然翌日から2ヶ月間働けなくなり、当然お給料も出ません。 しかし共済に加入していたお陰で給付金を頂き、いつもの生活をする事が出来ました。 医療費として掛かった分だけ補償して貰えるのではなく、怪我の前に貰っていた お給料を代わりに出してくれるなんて、こんな良い共済に加入していたとは自分でも わかっていませんでした。加入を勧めてくれた紹介所の所長さんに感謝します。 ※加入者の年齢、加入口数によって金額は大きく変わります。詳しくは共済パンフレットをご覧下さい。

加入者体験談Bさん

急性胃炎で痛みが酷く、10日程仕事が出来ませんでした。 入院は出来ず自宅療養と通院で治しました。 私の職場では有給はありませんので収入減に直結です。 自分で入っていた保険は、入院して初めて保険金給付対象になるものだったので 支給されませんでした。 共済に入っていたお陰で10日分の収入を保証して貰い、本当にホッとしました。

加入者体験談Cさん

休暇中に車を運転していて単独事故を起こしてしまいました。 幸い怪我は深刻なものではありませんでしたが、一ヶ月程仕事を休まざるを得ない状況。 現場責任者に報告したとき、「お前、AJCC共済に入っていなかったっけ?」との言葉。 仕事中でも通勤中でもない休暇中の事故なので、出ないと思い込んでいましたが、 「労災とは違うから出るはずだけど、確かめてやろう」との事で調べてくれ、 共済の所得保障を受ける事が出来ました。 年齢の割りにあまり口数を掛けていなかったので、お給料の全額は出ませんでしたが、 諦めていただけに本当に助かりました。

5.その他の活動事例

  1. 求職受付手数料の徴収方法の提案。 口座振替による集金代行会社を利用する方法です。賃金の直接払い化するときの障害がこれで解決!!  AJCC会員には手数料の割引特典あり!
  2. 求人者向けの「求人者への間接払い是正パンフレット」(厚生労働省監修)、「違法請負に対する是正パンフレット」((社)民紹協監修)の作成と配布
  3. AJCC会員専用の統一様式の書類作成と配布「求人の申込書」「職業紹介契約書」等